マイ・アカシック・ウォーズEP1: ファントム・メナス(見えざる脅威) 『壮大な罪悪感と自己否定、存在の無価値観』

私がどれほど自己肯定も自己受容もできずにいたか。 たとええどんなに自分を否定しようと肯定しようと、この体は生きようとしてきた。 自ら死を選んだり、過剰なストレスを抱え込んで強制終了にまで追い込んでもなんとか持ち堪えてきた

続きを読む

非情な天使の囁きと甘い悪魔の誘惑の狭間で、ひとでなしの自分と出会う

非情な天使の囁きと、甘い悪魔の誘惑の狭間で・・・ ・・・その中に揺れている時は、レイヴンが目の前に現れて、どっぷりと「絶望感」や「無意味感」に浸らせてくれます。 内心ニヤニヤしながら「はい、来ましたね〜!」って呟きます最

続きを読む

制限を取り払うきっかけは名前。Миша(ミーシャ)の由来は・・・

私のニックネームが《ミーシャ》になって久しくなります。 人生の中でいろんなニックネームで呼ばれることがあると思いますが、ニックネームだけでなくそもそも状況により(?)いろいろな名前を持っている人っていますよね。 ペンネー

続きを読む

観光客から一転、土地に受け入れられた者へ

『とにかく北へ行こう』そう思って最初に思いついた(というかそこしかわからなかった)ラコタの土地(ノースダコタ、サウスダコタ、ワイオミング、ミネソタ、ネブラスカなどの州)。 どこにいるのか調べたら、全然知らないところだった

続きを読む

《杖のようなもの》・・・そしてセドナから北へ

前回「「ウォナビー」と一緒にしないで。 そして 《2度目のヴィジョン》」、《4度目のヴィジョン》の続きからです。 「大変だ・・・戻らなくちゃ・・・」 と言ったかどうかもわからないですが、とても慌てて馬を取って返します。

続きを読む