観光客から一転、土地に受け入れられた者へ

観光客から一転、土地に受け入れられた者へ


『とにかく北へ行こう』そう思って最初に思いついた(というかそこしかわからなかった)ラコタの土地(ノースダコタ、サウスダコタ、ワイオミング、ミネソタ、ネブラスカなどの州)。

どこにいるのか調べたら、全然知らないところだった・・・。

調べれば調べるほど、一筋縄でな行けないような場所。

車で行けたとしてどこに泊まればいいのかとかそもそも宿泊場所があるのかも定かではなく・・・・・そして生粋のネイティヴアメリカンが外国の人に彼らの深いスピリチュアルなことを簡単に教えてくれるなんてことは可能なのだろうか?

そんな思いがこみ上げました。 自分にとっては前代未聞のことをしようとしていました。
それまでの私ならこんな面倒くさいことはしなかったでしょう。

お金もかかるし、本当に行き当たるのかもわからない。
でもその時は『最終的にはアラスカまで行ってでも探し当てたい』という思いにかられていたのでした。

過去記事 カテゴリー『マイストーリー

ある日、ローズバッド居留区のラコタ大学教授イエローエルクという人をインターネットで見つけました。
なにをどうやってそこに行き着いたのかわかりません。
とにかく現地に行くのに伝を作りたいというのと、事前に調べたいという思いで必死に探していたのだと思います。

日本語訳された書籍に現代の暮らしをしている彼らの情報はありません。

そして大学教授から初心者向け(?)の教科書のようなものを取り寄せました。
ラコタ語や、創生神話や儀式のことだけでなく、現代の彼らの暮らし。

(野生のアンテロープ@カスター国立公園)

「外国人はインディアンを昔のままだと思っている。ある部分ではそうだ。しかしそれだけでない。
皆インディアンへの理想像を描いてやってくるが、そういう人々に我々は本当の伝統について語ることはしない。 理解してほしい。 それだけ我々の文化はいまだ軽く扱われ、本物のインディアンではない連中がインディアンまがいのことをして金を巻き上げているのが現状だ」

大学教授とは通信教育状態になりましたが、「インディアンの伝統だけでなく、現状についても知ってなおそれでもインディアンのことに興味があるなら行ってみるといい」
それが、オグララ・ラコタ族の住む、パインリッヂ居留区へ行くきっかけとなったのでした。
ちなみに教科書を取り寄せて勉強していた先の教授はローズバッド居留区で、ラコタでも別の部族です。

(ダンスウィズウルヴスの撮影で使われた場所。大きすぎて規模が伝わらない^^;)

ラコタ族には7つのグループがあって、それが共和国となってできた巨大な部族。
スー族としても知られています。(スー族はフランス人がつけた名称)
ノースダコタ州、サウスダコタ州に主に居留区があり、すべてを足すとアメリカ最大となります。

同時に巨大なだけにアメリカで最も貧しい居留区とも言われています。

Oglála 、Sičháŋǧu 、Itázipčho、Húŋkpapȟa 、Mnikȟówožu、Sihásapa 、Oóhenuŋpa

シッティング・ブルとして知られるタタンカ・イヨタケはハンクパパ出身です。
オグララ出身の有名なインディアンは、戦士クレイジー・ホース、大酋長レッド・クラウド、ホーリーマンのブラック・エルクなど。
そしてブラック・エルクに次ぐ聖人がフールズ・クロウで、彼もオグララ出身でした。

私が目指すべき先がそこだとまったく確信もありませんでした。
しかしその時思い浮かんだのがラコタ族しかなく、フールズ・クロウのいたオグララにとりあえず行こうか・・・そこに行ってだめだったらカナダの方に行こう・・・とにかく北だということしかわからないのだから・・・と、ただただ自分の情熱と勘に促されるままに渡米を決めたのでした。

行く先はサウスダコタ州。

一体どこにある州なのかも知らないところでした。サンフランシスコからデンバーを経由して向かうところ。
ダンスウィズウルヴスの舞台になった場所

まず、現地でドライバーと案内をしてくれる人が見つかりました。
そこからトントン拍子に行くことは決まり、最初は観光ももちろんしたくて向かったのです。
実際に行っても、彼らの暮らしやスピリチュアリズムに触れるのは至難の技というか・・・いきなりは無理でした。
せっかくサウスダコタへ行くのだから観光もしたいです。

何しろその時は、もう2度と行かないかもしれないと思っていたからです。


なので、大統領の顔が彫られたマウントラッシュモア、未知との遭遇で有名になったデヴィルズタワー、ラコタ族の伝説の戦士クレイジーホースを岩にかたどっているクレイジーホースミュージアムなども訪れたのですが、最初そこへ向かう途中に気になる岩山(ビュート)がありました。

「あれ? あの山みたことがあるんですが・・・」
「あれはベア・ビュートという山ですよ。今カジノの反対運動でちょっと騒がしくなってます」
その時、ベア・ビュート周辺でカジノの建設計画の反対運動が起きていました。ケヴィン・コスナーなどインディアンゆかりのハリウッド俳優も反対運動に参加したと聞いていました。

「ベア・ビュート!!あそこ聖地って言われている山ですよね・・・寄れますか?」
「そうなんですか。知りませんでした。うーん時間的に厳しいかなぁ」
「お願いします!ちょっとだけでもいいから!」

サウスダコタの歴史博物館の閉館時間も迫っていました。
その博物館へ向かう途中で行程を少し遠回りしてもらってさくっとベア・ビュートへよってもらいました。 とても気持ちの良い風が吹いていました。

そこはフールズ・クロウがヴィジョンクエストをしたことでも知られる場所で、2度目に訪れた時は彼の銅像もできていました。
最初に訪れた時は写真だけ撮影。次に来た時にはちゃんと登ろうと誓って車に乗り込み一路博物館へ。

そう、この時、私は『ここにまた来る』って決めちゃったんです。
まだ旅も始まったばかりで本当にヴィジョンに関係する目的地とも限らないのに。
まぁ結局再びここに来て、頂上でセレモニーとヴィジョンクエストすることになるのですが・・・。
博物館は閉館時間を過ぎていたにもかかわらず、事前に連絡しておいたおかげもあって開けておいてくれたのには本当に驚きました。
しかもゆっくり見てってくださいと、ギフトショップまでずっと開けておいてくれてとても親切でした。

そんなこんなでそそくさと向かったオグラララコタ族の居留区パインリッヂ。
全米の居留区でも貧しさの一二を争うと言われるほどなのですが、ラコタの居留区は全米ではナバホと1、2を争う広さ。
平原地帯と石灰の山が広がるひたすらだだっ広いところでした。

(若いな…ぱんぱんな顔の私(笑) ホワイトサンダーと)

そこに現れた“現地の案内人”という人がホワイトサンダー。
のちに私にラコタ族の厳しさを教えてくれた父であり、師の一人。
世が世ならチーフ(首長)という立場の人です。

普段は馬のディーラーをしながらヨーロッパ人を相手に観光案内をしたりする傍ら、自閉症の子供たちへ馬についての話をしながらケアする仕事もやるちょっと不思議な、でもめっちゃ怖いおじさんです。

仕事の話になって薬草について解説はしてくれるようになりましたが、なぜこの地に来たのかについて説明しようとすると聞く耳を持たない上に、ネイティヴアメリカンのスピリチュアリズムについて語ることは何もないと突っぱねられました。
そんなことが到着して3日間くらい続いたでしょうか。

あることがきっかけで、突然彼の私を見る目が変わっていったのでした。

彼はその時のことを振り返ってこう言ってくれました。

「あなたは《Winyan Ksapa》(ラコタ語で賢い女性)だ。しかし我々は言葉は信用しない。それは言葉で裏切られて来たから。それはお前も知っていたな。あなたはラコタ語を知っていたり、歴史や補償金についてなどの社会問題についても学んでいるようだから感心はしていたが・・・それでどうこうでもない。とても難しい。しかし言葉では無い。・・・・・我々は、この土地が受け入れた者ならよろこんで受け入れる。つまりそういうことだ」

言葉で伝えても埒が明かないと諦めた数日間で、天気や出会う人、起きる出来事がまるでミラクル続きで、彼曰くいくつかのサインが起きていたのだそうです。それで彼はワカンタンカ(グレートミステリー)と母なる大地が私が観光客ではなく、導きによる客人だと理解したのだそうです。

そのきっかけになるエピソードは次回に。


《メディスンマンとのコンタクト》 へ つづく

過去記事 カテゴリー『マイストーリー

6:「ウォナビー」と一緒にしないで。 そして 《2度目のヴィジョン》

5:《杖のようなもの》・・・そしてセドナから北へ

〈番外〉7つの方位・4つの王国。私の提供するもののホーリーコンセプト

4:最初のヴィジョン

3:アロマにもオリジナリティを追求するようになった:インディアンのヴィジョン前夜

2:笑顔ができず人と目が合わせられなかった私がセラピストになった:2

1:笑顔ができず人と目が合わせられなかった私がセラピストになった:1

ポチッとお願いします^^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへにほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ

アルカディアご案内 
パンフレットダウンロード(pdfファイル)

6月〜7月のセッションご予約、セミナー開講リクエスト受付中です。
5月セッション&講習開催リクエスト可能日
5日、6日、7日、
9日

4月は満員となりました。6月/7月はお問い合わせください

・。+・゜★・。・☆・。+・。・゜★・+。・.・。+・゜★・。・☆・。+・。・゜★・+。・.

★受講者募集中のセミナー/ワークショップ/イベント

シャーマンフェザーワンドつくり
4/29(土・祝)(満席)・5/16(火)(残席3)

チャクラ講座 2017 チャクラエンライトメントWS
1/11、2/8、3/15、4/12、5/10、5/31、7/5
<単発、2個セット、3個セットなど受講方法の選択自由>

シャーマンドラムジャーニー&トーキングサークル
4月26日(水・新月)残席少、5月25日(木)

7つの習慣ボードゲーム公式ゲーム会アドバンスSP
4月22日(土)午前:中級、午後:上級ルール開催

5/13(土)陽風見《ひふみ》曼陀羅つくり
5/24(木)陰陽五行曼陀羅

5/27・28武蔵御嶽山滝行リトリート2017

【7月から】メディスン・カードリーダー養成講座

・。+・゜★・。・☆・。+・。・゜★・+。・.・。+・゜★・。・☆・。+・。・゜★・+。・.

箱庭療法・ノーブルサイエンスリーディング・アロマアルケミー
心理カウンセリング・シャーマンワークなど
武川が自信を持ってサポートさせていただきます。

ハート② 各セッションはこちらでチェック!!

・。+・゜★・。・☆・。+・。・゜★・+。・.・。+・゜★・。・☆・。+・。・゜★・+。・.

★シャーマン、錬金術、陰陽師ワーク・遠隔ヒーリング、
Skypeや電話での講習・セッションもございます。
アルカディア姉妹サイト: GAIA-Phoenix (ガイア・フェニックス) 
http://gaiaphoenix.net/
詳しくはお問い合わせください

http://www.siriustribe.net
【場所・ご連絡方法】JR品川駅乗り換え京浜急行:新馬場駅徒歩2分。
お問い合わせはこちらにて お問い合わせフォーム

◇ メールマガジン「アルカディア通信」 
アルカディアの最新情報やコラムがご覧になれます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへにほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
人気ブログランキングへ

7つの習慣ボードゲーム販売

公式ゲーム会開催要項